kabukimono_pic
 

「傾奇者(かぶきもの)」

“常識”に揺らぎを与える行動を起こす者。

 

「集落(しゅうらく)」

人々が集まって暮らしを営んでいる場所のこと。

 

むか〜し、むかしの話じゃ。

尼崎に「傾奇者(かぶきもの)」が集まって暮らしておる「集落」があったんじゃ。

そこは、その時代の「商売」に違和感を持った「傾奇者(かぶきもの)」たちが、

自分たちの暮らしを、まちを、「商売」を自らの手でつくっていた、そんな場所じゃった。

その「集落」には、新しい「商売」の形に共感する「傾奇者(かぶきもの)」がどんどんと集まり、その価値観と「集落」を尼崎に伝播させておった。

それは、それは、尼崎の歴史を語る上で重要な“革命”だったんじゃ。

彼ら、当時の「傾奇者(かぶきもの)」が、今の尼崎の礎を築いておるんじゃな。

 

わたしたちは、齢を重ねたまだ見ぬ後輩にそのように語られる場所をつくろうと思い、このプロジェクトを立ち上げました。

 

「尼崎傾奇者集落」は、材木屋を中心とし、DIYパーツショップ、様々な“素材”を扱うお店、

ワークスペースや居住空間など、暮らしにまつわるすべてのコンテンツが一つにまとまった新しい形の「集落」です。

小さくても確かな暮らしと経済が、そこにはあります。

もちろん「傾奇者(かぶきもの)」も、これから傾きたい人も、誰でも行き来できます。

 

しかし、まだはじまったばかり。

これから様々な「傾奇者(かぶきもの)」とともに、尼崎で新しい「集落」をつくっていきます。

 

■Facebookページ

https://www.facebook.com/amagasakikabukimonoshuraku/

PAGE TOP